株式投資の感覚はどう掴む?

株式投資についての様々な話は多くありますが、最終的にはその投資家本人の感覚がどうか、投資家がどのように投資を行っているか、ということが基本になります。
このため、最終的にはその人の感覚が必要になります。その感覚を養うためにはどうしたらいいのでしょうか。
まず、基本的にはその株についての値動きや、株式についてのルールやマナーを知りましょう。これはインターネット上でも学習できますが、がっちりやるのなら本がベストです。本でしっかり学習することで、少なくとも基本的なルールを学習できます。ルールを知らなくてはそもそもなんにもなりませんから、気をつけておきましょう。
次に、特定の投資家がどのように考えているかを知ります。これはブログや本というやり方がありますが、最近はインターネット上でSNSのアカウントを取得して公開している人もいます。これは、その投資家や著者がどのように考えているのかを知るためのものです。いくつかのアカウントをチェックしたり、ブログで動向を掴んだりすると、いろいろと知りやすいでしょう。本で読むのなら成功者がどうやって成功したのかという感覚を知ったほうがいい場合もあります。
最後に、実際にやってみることです。株に関しての感覚は、実際のところそのひとによってもだいぶ違います。パソコン操作やアプリ操作などにも慣れる必要があり、特に今はそのような操作がしやすいところとしにくいところでは全く感覚が違う場合もあります。また、投資のチャートをチェックしたり、株の値動きを読んだりするのはとても大きな知識が必要となりますので、やはり経験にまさるものはありません。いろいろな考えがあるかもしれませんが、数万円からでも始めてみましょう。
株初心者のための株式投資入門ガイド
■投資先を選ぶ時の参考にもしたい株主優待